ごあいさつ

* この度、仙台の中心街に位置する一番町平和ビル5階の医療モールに開院することとなりました。
 皮膚科の病気は他人の目にふれやすい事や、治療が長期にわたる事も多いため、患者さんの負担も大きいと思います。
 薬による治療はもちろん大切ですが、患者さん自身の日常生活や、皮膚のお手入れ方法を見直す事で治療効果が上がる場合もありますので、医師と患者さんとの協力の下で治療を進めていきたいと思っています。そのためには、まず医師による充分な説明が必要だと考えています。

 当医院で診察している主な疾病は下記の通りです。

  • 湿疹(しっしん)
  • アトピー性皮膚炎
  • ニキビ
  • 水虫
  • 蕁麻疹(じんましん)
  • 尋常性疣贅(イボ)
  • 帯状疱疹
  • 口角炎
  • 口唇ヘルペス
  • ヘルペス
  • 肝斑(かんぱん)
  • 脱毛症
  • 口内炎
  • 花粉症
  • 乾燥肌
  • 円形脱毛症
  • しもやけ
  • 虫さされ
  • 毛虫皮膚炎
  • 掌蹠膿疱症
    (しょうせきのうほうしょう)
  • とびひ
  • 水イボ
  • しらみ
  • 疥癬(かいせん)
  • 接触皮膚炎(かぶれ)
  • 異汗性湿疹
  • 乾癬
  • 多汗症
  • 毛孔性苔癬
  • 多形滲出性紅班
  • 自家感作性皮膚炎

 また、アトピー性皮膚炎でよく使われるステロイド剤には強さのランクがありますので、慎重に選ぶ必要があります。間違った薬をつけてしまうと状態を悪化させたり、病気を長引かせる原因にもなりますので、そうならないために、まず専門の医師による診断を受けて下さい。
 今は、薬局でいろいろな薬が売られていて、ご自分でそれを買って治療している方も多いのですが、例えば、自分で水虫だと思って水虫の薬をつけている人の内3割は実際には水虫ではなかった、という報告もある位です。
 患者さんにとってわかりやすい丁寧な説明と、質の高い医療の提供を目指していきたいと思います。そして、地域の皆様の皮膚科かかりつけ医として、皆様の健康促進にお役に立てればと考えております。皮膚に関することでお悩みの方は、どんなことでもご相談ください。

医師 上野智美

略歴

  • 東京女子医科大学卒業
  • 岩手医科大学大学院医局
  • 埼玉医科大学皮膚科医局
  • イムス富士見総合病院皮膚科医

  • 日本皮膚科学会