当院について

写真

一般皮膚科診療

 湿疹、かぶれ、水虫、じんましん、円形脱毛症、アトピー性皮膚炎、イボ、たこ、ウオノメなどあらゆる皮膚のトラブルに対応します。

小児皮膚科診療

 イボ、アトピー性皮膚炎、あせも、オムツかぶれなどに対応します。
※水イボには、なるべく痛くない治療を行っています。
※とびひは早めの治療が必要です。

診療内容(疾患例)

◎湿疹(しっしん)

 湿疹とは皮膚炎とも呼ばれ、赤くてかゆみのある発疹を引き起こすさまざまな病気の総称です。
 乳幼児から老人までさまざまな年代に発症し、発症する場所も体の特定の部分だけだったり、全身のどこにでもできる場合もあります。
また、原因がはっきりわかっているものもわからないものもあり、症状の程度もさまざまです。皮膚の乾燥や痒みなどだけの軽度のものから、皮膚を掻きむしって出血が見られる重度のものまであります。
 湿疹が発症するのは、原因となる物質が直接皮膚に触れて起きる場合がほとんどですが、体内に入れてしまった、つまり飲み込んでしまったために湿疹として発症する場合もあります。
 湿疹には一過性のものと慢性のものがあります。一過性の湿疹はブツブツが出て、ジュクジュクし、赤くてかゆいものですが、慢性のものは皮膚がガサガサ、ゴワゴワになっているのに、かゆみは同じです。
 一般的には最も疑わしい原因に添って治療を開始し、出来るだけ早くその原因を突き止めることに専念します
 しかし、その後の反応をみて、原因が定まるまでは時間がかかる場合もありますので、かゆみを消すことを優先し、出来るだけ掻かないような処置をすることが大事です。

◎アトピー性皮膚炎

 アトピー性皮膚炎は子どもの病気と考えられていました。成長とともに自然に治ることが多かったのです。しかし、最近では大人になっても治らない人や、大人になってから急に発症する人が目立つようになってきています。アトピー性皮膚炎は、かゆくてつらい病気ですが、適切な薬やスキンケアにより、良い状態を維持することは可能です。皮膚の状態を診てもらいながら、根気よく治療していきましょう。

◎ニキビ(痤瘡)

 過剰な皮膚の脂と毛穴のつまりが主な原因です。ニキビは炎症が起こりひどくなると、瘢痕やクレーター状の陥凹になってしまうことがあり、こうなると治療は困難です。早い段階での治療が大事です。

◎水虫(足白癬・爪白癬)

 水虫はカビの一種である白癬菌が足の皮膚に感染して起こります。頑固で治りにくい病気ですが、根気よく外用薬を続けることが大事です。また爪の水虫もあり、爪が白く濁っていたり、厚く変形している場合は要注意です。爪の水虫は外用薬での治療が困難なことが多く、内服薬で治療することもあります。水虫と思いこんで自分で治療を行っていても実は足の湿疹である事もあるので、皮膚科専門医での診察をお勧めします。

◎蕁麻疹(じんましん)

 じんましんは、蚊に刺された時のようなかゆくて赤い膨らみができる病気です。比較的短時間に出たり引っ込んだりします。原因が分かるものもありますが慢性の蕁麻疹では多くの場合、原因が特定できません。通常、数ヶ月から時として数年かかりますが、抗ヒスタミン剤などの内服薬を維持し、根気よく治療していくことが必要になります。

◎尋常性疣贅(イボ)

 イボは、ウィルスが皮膚に感染して起こります。手足にできることが多いです。色々な治療法がありますが、どの治療でも1回で治ることはほとんどなく、何度か治療が必要になります。まず液体窒素での治療を開始し、なかなか治らないようなら漢方薬のヨクイニンで治療をするというのが一般的です。

◎男性型脱毛症

 タバコやお酒、過度の洗髪、ドライヤーの使いすぎなど生活習慣による原因と、ストレスによって自律神経が緊張して毛細血管が収縮する現象が起こり、それが頭皮の血行を悪くさせるなどの原因により発症します。
 特に夏の暑さが終わりに近づくころになると、男性型脱毛症は進行しやすくなります。また、正常なヘアサイクルが崩れることで男性型脱毛症が悪化し、毛髪が発育できなくなります。
 人の皮膚は、年をとるにつれて弾力性がなくなってきます。
 これは皮膚の中でゴムのような働きをしている『弾力繊維』というものが変性してしまうためで、頭皮も例外ではありません。
 固くなった頭皮は、血液の循環が悪くなり、毛の元になる毛包も栄養失調になってしまいす。
 抜け毛や薄毛が気になってきている方は、あきらめる前に医師に相談してください。

エキシマライト治療のご案内

エキシマライト写真

エキシマライトとは、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、白斑、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症などの光線療法を行う装置です。PUVA療法やナローバンドUVB療法にくらべ、患部をピンポイントで強力な照射ができるため、少ない回数で効果を認めやすく、これまでの紫外線療法で難しかった皮膚病変にも改善効果を期待することができます。

料金表

保険診療
(乾癬、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、白斑、アトピーなど保険適応の疾患)
※診察料が別途必要です
1割負担 340円
3割負担 1,020円
保険外診療
(円形脱毛症)
  1,080円

治療の目安は、週に1度、3ヶ月程度です。

医療用まつ毛育毛剤「グラッシュビスタ」

グラッシュビスタは、緑内障治療用の点眼薬として使用されていたビマトプロストの毛成長作用を応用した医療用まつ毛育毛薬品です。まつ毛の根元に塗ることでまつ毛を長く、太く、濃くする効果があります。市販されているまつ毛育毛剤とは異なり、厚生労働省認可を受けた医薬品なので医師の診察(処方)が必要です。

まつ毛はヘアサイクルといって発毛と脱毛を繰り返しています。グラッシュビスタに含まれているビマトプロスト成分が、ヘアサイクルに働きかけて、まつ毛の成長期を長くするため、まつ毛を長く、太く、濃くします。使用した多くの方は、その効果が約1ヶ月で表れています。

まつ毛が「短くなってきた」「細くなってきた」「薄くなってきた」といったような方が治療の対象となります。

院内にあるグラッシュビスタの説明書をお読みになり確認してから、医師へ相談してください。

料金

当院での診察 初診 2,500円
再診 2,000円
薬局での購入価格 17,500円(1セット、70日分)

アトピー性皮膚炎について

  1. すぐに病院に行って医者に診断と検査をうけます
  2. 食べ物アレルギーがあったら代わりの食材で栄養をつけます
  3. アトピーになると喘息になるという話があるので掃除をこまめにしてダニハウスダスト駆除につとめます
  4. 痒いところをひやすとらくになります
  5. アトピーの跡をかくすためのファンデーションを買うときは店員さんに相談してみます
  6. 病院にいく時間がないとき、病院になるべくいく時間をつくる
  7. 漢方薬や民間療法にたよってもアトピービジネスには気をつけてください
  8. 温泉にはいるときは泉質を確認してください
  9. スポーツなどで汗をかいてタオルでふいてもスッキリしないときはシャワーをあびるようにします
  10. お風呂にはいるよりシャワーをあびます
  11. 処方されたぬり薬と市販の保湿剤を併用します
  12. ずっとアトピーにつきあわなければいけないのではなくて原因となる食べ物をさけるなど体質改善につとめます
  13. アトピーにきく水などを紹介されても注意します
  14. 痒くてかいてしまうので爪をきって長そでの服をきます
  15. アトピーになっても外であそばせます
  16. 痒くて眠れないとき短期的にステロイド外用薬をつかいます
  17. 痒くて寝付けないとき一呼吸おいて休息をとります
  18. アトピーの合併症として、白内障 網膜はくり ヘルペスウイルス感染症 とびひ 水イボ 円形脱毛症などがあります
  19. ビタミンCをとるようにします
  20. 肌を清潔にします
  21. お風呂でこすらない ナイロンタオルはつかわない シャンプー せっけんは洗い流す お湯にはつからずシャワーにする 熱いオフロには入らずぬるま湯にする には入浴剤はつかわないようにします
  22. 痒みをおさえるには、冷たい枕 保冷剤 室温 1~2℃さげる 何か集中できるものをつくります
  23. かかない工夫は、手袋をする 包帯をまく 長そで、長ズボンをはきます
  24. 皮膚を保湿すること、お風呂あがりに保湿剤をたっぷり塗ります
  25. ストレス解消をすること、ストレスがたまると痒くなります
  26. 炎症(皮膚)=湿疹を抑える→ステロイド外用と免疫抑制剤外用
    痒みを抑える→抗ヒスタミン剤内服、抗アレルギー剤内服
    皮膚を保護する→スキンケア保湿剤外用